初めてのリポート 簿記論I(分冊1)

リポート
06 /01 2017
どうも、おっちゃんです。

2017年に日大通信へ入学して、初めてのリポートの提出が終わりました。いやー、きつかった…
リポート課題は今年と来年有効みたいなので、後に続く人のためにいろいろと残しておきます。

今回とったのは7月スクの簿記論I(S20300)なので5末までに提出。
リポ+スクの方式で4単位なのでリポート2冊必要ですね。

分冊1課題内容
  • 横書き回答
    • 有価証券の内容・取得・売買・評価に関して体系的に説明しなさい。
  • ポイント
    • 特に有価証券の評価に関して、体系的に押さえてください。その際、各種類別に仕訳例で説明することがポイントです。
  • キーワード
    • 売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式および関連会社株式、その他有価証券
  • 参考文献
    • 必要であれば、比較的大きな書店の簿記のコーナーを見てください。実際に手に取り、各人のレベルに最も合ったテキストを選んで頂きたいと思います。
こんな内容です。

まずは教科書を読み込むのですが、たった数ページしか記載ないんですよね…非常にシンプルでわかりやすいのですが、如何せんリポートは文字数があるので膨らませて書かないといけません。
そんなわけで区立図書館に向かい、参考になりそうな本をあさってみました。
が、あまり参考になりそうな本がありません…会社経営の本はいっぱいあるのに簿記についての本は一冊もありません…

そんななか、良さそうな資料がッ!
  • 会計学辞典 同文館出版
  • 会計学大辞典 中央経済社
初めて見ましたが、こんな本があったんですね。会計業界では常識?

辞典なので各項目について詳しく載っています。これは使わない手はないですね。
そんな訳でこんな感じでまとめました。


  • 有価証券とは
  • 有価証券の範囲とは
  • 有価証券の評価とは
  • 有価証券の種類
  • 売買目的有価証券とは
    • 例1,例2
  • 満期保有目的の債券とは
    • 例1,例2
  • 子会社、関連会社とは
    • 子会社株式について 例1,例2
  • その他有価証券とは
  • まとめ(有価証券の処理について)

文章はEvernoteにまとめて書いていたのですが、この時点で1800文字。
ちょうどいいかなーと思い、Wordの原稿用紙モードで20x10にして貼り付けてみると14ページ…あかんやん!
初リポートで改行はあまり考えてなかったのでこうなってしまいました。
さくさくと削ってなんとか入れましたが、10ページ目の最後まで記入があり、かなりキツキツになってしまった…

そんなわけで簿記論I分冊1はこんな感じで終了。

分冊2へ続く。




コメント

非公開コメント

えん

2017/4 日大通信商学部1年に入学したおっちゃんの学習メモです。
https://twitter.com/yenzo